プロフィール

てるみかん博士

初めまして、てるみかんと申します。
東大の学部から大学院まで進み博士となりました。基礎研究を長くやっているとついつい世間離れしてしまいがちですが、よく目を凝らしてみると日々の暮らしの中にも面白いことがたくさんあることに最近気づきました。毎日を充実したものとするために、日々の進捗や気づいたことについて書きたいと思います。

自己紹介

静岡県浜松市三ヶ日町
静岡県浜松市三ヶ日町

20代後半の都内民間企業研究者(工学博士)。
生まれは静岡県浜松市の三ヶ日町。三ヶ日町ではみかんの生産が盛んであり、実家もみかん農家。

2012年 東京大学に入学。学部後期から工学部物理工学科に進学。

2016年 同修士過程進学

2018年 同博士課程進学。

2021年 同博士課程卒業(工学博士)。

学部、修士、博士の学位記
学部、修士、博士の学位記
大学院時代によく読んだ参考書など
大学院時代によく読んだ参考書など

より応用的な研究をしたいとの思いから博士課程卒業後は民間企業の研究者の道を選びました。

Pythonは大学時代からデータ解析に用いており、ディープラーニングの資格(E資格)取得済。LinuxやGitでの開発についても学習中です。

ブログの内容

本ブログは、「IT」「園芸」「展示」の3つのカテゴリーに分かれています。
「IT」:プログラミングの苦手な博士がIT社会で生きぬくために勉強した内容や感想などについて
「園芸」:ブルーベリーとウンベラータの生長について
「展示」:ダンス・ゲームなどの趣味や観に行った展示などについて

タイトルとURLをコピーしました