ブルーベリー(2年生苗)の1年間の生長まとめ

ブルーベリーの紅葉園芸

ブルーベリー2年生苗を2021年3月から育て始めて1年が経ちました。2年生苗の1年を写真でまとめます。トラブルもありましたが、無事に大きくなっております。

3月(2021年)

2021年の3月にオニールとシャープブルーの2年生苗を買って植え付けました。(【都内マンションのベランダでブルーベリー栽培を始めてみた】おすすめの品種と注意点)

ブルーベリーの植え付け
オニール(左)とシャープブルー(右)

4月

植え付けて1ヶ月ほど経つと葉が生えて樹らしくなりました。

4月で葉が生えたブルーベリー
オニール(左)とシャープブルー(右)

5月

2ヶ月経つとさらに葉が増えて、枝が色々な方向に伸び始めています。(ブルーベリーの土に発生した白いカビは有機物分解で生じるものでした。)

5月ブルーベリー
オニール(左)とシャープブルー(右)

7月

7月になると成長も活発で葉が生い茂って写真に収めるのが難しくなってきました。日差しが強いこともあってか、7月くらいから葉焼けも生じるようになってきました。(ブルーベリーの葉が茶色になった時の対処)

7月ブルーベリー
オニール(左)とシャープブルー(右)

9月

一部葉焼けする葉も現れますが、それを上回るペースで新芽が出てきます。樹高も1mくらいまで大きくなってきました。2022年3月まで、葉が茶色になることはしばしばありましたが、新芽が生えてきている限りそこまで気にする必要は無いのかな、と思います。

9月ブルーベリー
オニール(左)とシャープブルー(右)

10月

少し涼しくなってきたからか、オニールとシャープブルーで紅葉が始まりました。シャープブルーではつぼみが少し赤みを帯びており、オニールではつぼみだけでなく葉の色も赤みを帯びるものが一部現れました。涼しい季節(10~3月)は水やりを週1から週2くらいのペースで行いました。

紅葉し始めたシャープブルー
シャープブルー
紅葉し始めたオニール
オニール

11月

シャープブルーは赤みを帯びたつぼみが増え、ブルーベリーの形の白いつぼみになるものも現れ始めました。オニールは更に葉の赤みが増しています。

11月のシャープブルー
シャープブルー
白いつぼみが現れ始めたシャープブルー
シャープブルー
紅葉が進んだオニール
オニール

12月

12月にもなると、オニールはほぼ全ての葉が赤みを帯びています。場所によって同じ紅葉でも色合いが違っていますね。シャープブルーではたくさんの白いつぼみがついています。少し葉が赤くなっている部分もありますが、シャープブルーの葉は色が緑色のままです。

オニールとシャープブルー
オニール(左)とシャープブルー(右)
シャープブルーの白いつぼみ
シャープブルー

1月(2022年)

1月にはオニールの葉の赤色がさらに鮮やかになりました。四季折々の変化があって楽しいですね。シャープブルーでは白いつぼみの密度が高くなってきました。

紅葉したオニール
オニール
白いつぼみが増えたシャープブルー
シャープブルー

2月

シャープブルーでは白いつぼみが増え続けており、この後どのように成長するのか観察中です。オニールはきれいに紅葉していますが、一部落葉し始めました。

2月のシャープブルー
シャープブルー
紅葉したオニールの葉が落葉し始める
オニールの紅葉

3月

シャープブルーは花芽が多くなってきたので、あまり成長していない葉を中心に剪定をしました。白いつぼみがたくさんあるので一部間引きました。オニールは落葉が進む一方で、可愛らしい白いつぼみがなり始めました。

シャープブルーの剪定
剪定したシャープブルーの葉
シャープブルーにたくさん実った白いつぼみ
たくさんの白いつぼみ(シャープブルー)
オニールの白いつぼみ
オニールの白いつぼみ
オニールで進む落葉
オニールでは半分くらいの葉が落葉しています

終わりに

2021年3月から育て始めたブルーベリーは、1年たった今も無事に育っているようです。今年こそブルーベリーを収穫できると良いな、と思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました