2021-10

前進

Pythonで極座標ずれ補正

データを扱っていると、設計値と実験値の間で一定量のずれが生じることがあります。2次元座標補正のためのパラメータを勾配降下法で求めるプログラムを作成しました。特に私は極座標系を扱うことが多いので、備忘録としてまとめています。
前進

Pythonのmatplotlibカラープロットテンプレート

Pythonでリストデータからカラーバー付きのグラフを作成するためのテンプレートを備忘録として作成しました。ループ処理を行った場合やリスト形式のデータを与えられた場合など、リスト形式のデータを用いてグラフを作成するときに毎回書き直すのが煩わしかったのがきっかけです。なお、数値配列(ndarray)にも使えます。
タイトルとURLをコピーしました