田舎の農家から東大に入って変わったこと

東大卒業前進

ドラゴン桜のドラマが再び始まりましたね。初回から阿部寛さん演じる桜木先生の暴れっぷりが凄いです。「東大に行けば人生が変わる」という言葉はシンプルで多くの人の心に残っているのではないでしょうか。東大を卒業したばかりの私が、東大に入って変わったことについて書きます。

私とドラゴン桜

東京大学

私が中学か高校生くらいの頃にドラゴン桜の漫画を読みました。灘とか開成という学校から毎年何十人何百人と東大に進学しているということは何となく知っており、「田舎出身の自分でも東大に行けるのだろうか?」と不安でした。ドラゴン桜は東大受験に対するイメージを教えてくれた本の一つです。
「東大は簡単だ」「東大に行けば人生が変わる」
といったシンプルな言葉が私たちを惹きつけるのだと思います。

東大に入って良かったこと

基礎学習能力がつく

勉強

受験で勉強した内容が仕事などで生かされる例は必ずしも多くは無いと思いますが、受験勉強で身についた一から学ぶ力は社会に出ても役に立つと思います。
高校生の頃は塾に通わず様々な参考書を読んで自分に合った本を探しました。効率は悪かったと思いますが、自分で勉強の仕方を探す経験は意味があったのではないかと思います。

信用が得られる

信用、信頼

東大に入学するには一定以上勉強する必要があります。バイト先や会社で会う初対面の人に対しても、最低限「努力できる人」と信じてもらいやすいと感じます。東大に入学する前は「地方の高校生」以外の肩書が無かったので、「東大」というブランドは自分の信用度を著しく高めたと思います。

優秀な人に出会える

多くの優秀な友達

東大で出会った友人には様々な刺激をもらいます。同じクラスの友人が現在国内や国外で起業しており、人によってはあっという間に数億円規模の価値を生み出しております。卒業生の多くが有名企業に就職していることもあり、東大では多様な人脈が作りやすいです。
話していても違いを感じます。私自身は受験勉強を頑張って東大に入ることができましたが頭の回転はあまり早くないです。東大の友人の中には頭の回転が自分と比べ物にならないくらい速い人がいて驚きます。そういった凄い人たちに出会うことで自分の知らない世界を知ることができると思います。

研究環境が良い

研究

まずはお金です。大学別科研費のまとめサイトによると、東大が1番多く大学によっては桁で異なります。特に最先端の基礎研究などでは試料を極低温まで冷やさなければなりません。そのために液体ヘリウムなどを用いますが、回収設備が整っている東大でもひと月あたり数十万円(研究室の規模によって桁が変わります)くらいかかっていました。装置も数百万くらいすることが珍しくないなので研究にはとてもお金がかかります。
次に人です。私の学科にもノーベル賞候補の先生が何人もおられ、世界最先端の研究が行われております。そのような優秀な方とのディスカッションによってこれまた優秀な研究者たちが生まれていくので、研究環境としては日本一だと思います。

就活に有利

就活

信用が得られる、という点と関わってきますが個人的にはESが通りやすかったように感じます。倍率の高いインターンにも参加できました。就活では志望業界以外も含め10社くらいESを出して、そのうち8社のESは通りました。私は博士卒で起業とのマッチングが修士卒の方より取りづらいことを考えると、多くの東大生はもっとESの通過率が高いのではないでしょうか?
またあらゆる有名企業に東大の卒業生がいるので、就活や会社のことについて相談しやすいです。企業によっては私がプレゼンで用いるスライドに対して卒業生の方がコメントしてくださりました。

東大を目指すうえで気をつけたいこと

東大に行くメリットは多いですが、東大を目指す上で忘れてほしくないことが3つあります。

東大に入学したらゴールではない

長い道のり

すでに、「良い大学に入学して大企業に就職、定年まで勤める」というロールモデルは崩れつつあります。大学や会社に入ってからも常に新しいことを学ばないと落ちこぼれてしまいます。ドラゴン桜では東大に入学してからのことは教えてくれませんが、入学したらすぐにまたスタートする気持ちを忘れてはいけません。

自分の世界を狭くしないように

世界が狭い

東大生は真面目なので小中高と真面目に勉強してきた方も多いでしょう。私も中学高校と受験勉強に励んできましたが、もう少し音楽や芸術、旅行や遊びなど多くのものに触れたかったなと今では思います。受験勉強と同様に会社に入ってからも出世競争という他人との勝負が続きます。自分の世界を広げる意識を持たないと、目の前の勝負しか見えないまま一生が終わりかねないと思います。最近は展示などを見に行って、自分は何が好きなのか・何をやりたいのか、といった自分探しすることを習慣にしています。

健康は大切に

健康

私は受験勉強を通じて目が悪くなりました。片道1時間半の通学時間も無駄にしないように単語帳などを暗いバスの中でも読んでいたのが原因だと思います。目が良い人はうらやましいです。
また、歯磨きが不十分で虫歯も多く経験しました。今では定期的に歯医者さんで検診を受けています。
どんなに勉強ができるより、どんなにお金を持っているより、健康であることの方が幸せになるには重要だと思います。受験勉強をする前に、健康な身体を維持する方法を勉強しましょう。

まとめ

今回は、東大に進学して博士課程まで9年間東大を見てきた自分の経験を振り返り、東大に進んで変わったことをまとめました。東大に行くことによるメリットは少なからずあると思いますが、東大を出た後の人生まで見据えて進路を決めることが大切だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました